大須病院

  • 背景色

HOME > 部門 > リハビリテーション科

リハビリテーション外来担当医表

概要

回復期とは、脳血管疾患や骨折の手術などの急性期の治療を受けて、病状が安定し始めた状態のことをいいます。この回復期にリハビリテーションを集中的に行う専門の病棟のことを回復期リハビリテーション病棟と言います。

当院の回復期リハビリテーション病棟では、医師をはじめソーシャルワーカーなど多職種スタッフで構成したチームでカンファレンスを行い、患者さまの状態に合わせたアプローチを行います。
そして歩行や食事や排泄、更衣、入浴などの日常生活の動作を改善するためのリハビリテーションプログラムを組み、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師を含めたチームが一体となりリハビリテーションを提供します。

他に家族面談や帰宅訓練などを行い、在宅復帰を目指してご家族の方にも関わっていただきます。また、入院生活すべてが リハビリテーションの環境と考え、患者様の精神面にも考慮しながら、リハビリテーションを行っています。

主な対応疾患

回復期リハビリテーション病棟へ入院するには下記のように、疾病が決められています。

  • 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、
    脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後の発症後。
  • 大腿骨、骨盤、脊髄、股関節、膝関節の骨折の発症後。
  • 外科手術または肺炎等の治療時の安静により、寝たきりになった患者様で手術後または発症後。
  • 大腿骨、骨盤、脊髄、股関節の神経、筋、靭帯損傷後。

入院診療

急性期病院はDPC(診断群分類)を導入している病院がほとんどであり、入院期間中に医療資源を投入した「傷病名」と入院期間中に提供される手術、処置により分類された患者さんを扱う病院です。
そのため、脳卒中で入院すると頭部の疾病しかみていないことも多いのですが、当院ではスクリーニングを施行し、他の危険な疾病がないかを調べます。

もし、心臓に高度の弁膜症があれば、運動負荷量を考えなければならないし、慢性腎不全があれば、カリウムの値が高くなることもあるため、慎重な運動療法が必要とされます。さらに患者さんのメンタル面も考慮しながら、リハビリテーションを施行しなければなりません。

当院には一般病棟も存在し、内科(循環器内科、内分泌内科、脳神経内科)、外科、整形外科等のドクターがおり、以上のことを考慮しつつ、安全にリハビリテーションを施行することができることが、当院の強みであると考えています。

医師紹介

氏名 所属学会 専門領域
吉田 和雄 医学博士
脳神経外科専門医
日本リハビリテーション医学会認定医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
身体障害者福祉法(15条)指定医(身体、音声・言語機能)
<社会貢献活動>
尾張地区脳卒中連携会議 世話人代表
スポーツドクター愛知県連絡協議会 幹事
愛知NST研究会 世話人
<受賞歴>
日本脳神経外科学会 ガレーヌス賞受賞(最優秀論文)(1992 年)
日本スポーツ協会公認スポーツドクター 表彰(2020 年)
脳卒中
脊髄損傷等のリハビリテーション

セラピスト(療法士)からのメッセージ

当院は一般急性期、回復期リハビリテーション、地域包括ケアと機能の異なる3病棟を有し、患者さんの状態、体調に合わせて発症後、手術後から早期にリハビリテーションを行っています。

リハビリテーションとは社会復帰、機能回復訓練の意味ですが、ラテン語の語源では『再び適した状態にする』という意味になります。

疾患だけでなく背景や環境も個々に違いがあり、その人らしい生活ができるように医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、介護士、医療相談員、管理栄養士、放射線技師、臨床工学士など『チーム医療』で、 “再び適した状態” に少しでも近づくことができるようお手伝いさせていただきます。

理学療法士(PT:Physical Therapists)

病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動や温熱、電気、水、光線、装具などを用いてリハビリテーションを行う専門職です。

作業療法士(OT:Occupational Therapists)

日常動作で食べること、服を着ること、寝ること、楽しむことなど何気ない動作を一つでも複雑な動きや働きがあります。作業療法は活き活きとした生活を送られるよう、活動(作業)をとおして、こころとからだを元気にする専門職です。

言語聴覚士(ST:Speech-Language-Hearing Therapists)

上手く話せない、話が理解できない、文字が読めない、声が出にくいなどのコミュニケーションの問題や上手に噛めない、上手く飲み込めないなどの摂食・嚥下の問題の方に、自分らしい生活を構築できるよう支援し、また認知機能検査および注意障害・遂行機能障害などの高次脳機能検査もおこなう専門職です。

思いあたることはありませんか、あなたの膝は大丈夫?

以下の手術を予定されている方、またはご検討されている方は、下記を参照ください。

膝前十字靱帯再建術を受けられる方へ

半月板縫合術・切除術を受けられる方へ

人工膝関節置換術を受けられる方へ

整形外科のページ

思いあたることはありませんか、あなたにも脳卒中が潜んでいるかも?

脳血管疾患の発症や再発をご心配されている方は、下記を参照ください。

脳卒中予防 10か条《名古屋弁編》

症状が出たら 一刻も早く 救急車を

脳神経内科のページ

PAGE
TOP