大須病院 看護部

  • 背景色

HOME > 看護部トップ > 看護部について > 部署紹介

部署紹介

2階病棟急性期病棟:内科、外科、整形外科、小児科

部署紹介

  • 内科:急性期全般、回復期リハビリ病棟への転入前の精査、糖尿病教育、大腸内視鏡検査(日帰り・入院)、緩和ケア
  • 外科:周手術期、化学療法
  • 耳鼻科:周手術期、急性扁桃炎、眩暈症、突発性難聴、PSG(睡眠時無呼吸症候群の検査)1泊入院など、幅広く対応
  • 小児科:主に肺炎

仕事内容

急性期の混合病棟のため繁雑になりがちですが、患者様の安全を第一に考え、安心して療養生活が送れるように努めています。
また、退院後の生活を患者さんやご家族と一緒に考えて支援できるようにチームで関わっています。周手術期を含む急性期全般の病棟ですが、ターミナル期の患者様にも寄り添った看護ができるよう、緩和ケアも大切にしています。

部署自慢

新人からベテランまで幅広い年齢層のスタッフ構成で、特に中堅層以降のスタッフが多く頼もしい職場です。また、ワークライフバランスも良く働き続けやすい環境です。平成28年度7月から新師長・新主任の配属となりリフレッシュした雰囲気のなか、「仕事は楽しく」「安心・安全」をモットーに、責任を持って患者様中心の看護を日々行っています。

師長さん、主任さんからスタッフさんへのメッセージ

スタッフ全員で支えあいながら、これからも全力で進化し続けていきましょう。

スタッフさんから師長さんへのメッセージ

楽しい雰囲気作りのおかげで、いつも元気いっぱい頑張っています。

先輩看護師から新人さんへのメッセージ

やりがいのある仕事ですよ。
初心が要!あなたの目指す看護師像に少しでも近づけるように応援しています。
悩まないで、まず相談して下さい。

3階病棟回復期リハビリテーション病棟

部署紹介

3階病棟は、回復期リハビリテーション病棟です。脳血管疾患・大腿骨頸部骨折などの入院患者さんに対して、ADL(日常生活活動)能力の向上および在宅復帰を目的とした集中的なリハビリテーションを行います。さまざまな医療専門職(医師・看護師・リハビリスタッフ・薬剤師・管理栄養士・医療ソーシャルワーカー・介護職など)が退院してからの生活を見据えて、入院時からチームでサポートします。日常的にチームのスタッフそれぞれが常に情報を共有し、コミュニケーションを密にすることで、より効果のあるリハビリを行うことができます。そして、患者さんにとってその人らしい生き方を支援していくために、地域の訪問看護師・ケアマネージャー・包括支援センターと連携し、退院調整を図ります。

仕事内容

家庭・社会復帰をめざして訓練を行うため訓練室でのリハビリだけでなく、朝起きて顔を洗う、着替える、食事をする、トイレに行くなどの入院生活すべてがリハビリになります。看護師やケアワーカーは、リハビリの時間以外にもリハビリ要素を含めた生活を患者さん一人ひとりに対してサポートしています。

部署自慢

患者さんやご家族の意思決定支援ができるように看護師はプライマリナーシングで退院支援を行っています。また、認知症サポートチームの協力を得て、認知症の方にも安心して過ごしていただけるように積極的に取り組んでいます。

師長さん、主任さんからスタッフさんへのメッセージ

いつもそばにいて、患者さんのペースに合わせながら寄り添った看護をしてくれているので、認知症の方もみんな笑顔になっていきます。今後も自宅復帰がゴールではなく、障がいを含めて退院してから患者さんやご家族がその人らしく自立した生活を送ることができるように一緒に考えていきましょう。

スタッフさんから師長さんへのメッセージ

常に物事に動じず、冷静な判断や対応をするスタッフから信頼の厚い師長です。でも職場を離れたら母の顔、4人の子どもの優しいお母さんです。

看護師から多職種へのメッセージ

一人の患者さんを中心に、それぞれの専門的な分野からの視点で考えていけるように連携をとり、一緒にがんばりましょう。

4階病棟地域包括ケア病棟

部署紹介

地域包括ケア病棟は、急性期治療を経過した患者さんや在宅等で一時的に症状が増悪した患者さんを対象に、その方々の受け入れと在宅復帰支援を目的として開設しています。地域の高度急性期病院と連携をとり、安心して在宅で生活していただけるように支援をしています。

仕事内容

多職種と連携して必要なリハビリやケアを行っています。情報を共有するため、カンファレンスを定期的に行い、チームで支援を行っています。
退院支援では、本人や家族の思いを可能な限り尊重し、満足のいく支援を心がけています。

部署自慢

医師、看護師、ケアワーカー、セラピスト、薬剤師、栄養士がチームで連携し、患者さんやご家族の意思決定を支援しています。また、摂食嚥下のアセスメントや認知症サポートに力を入れています。ここでもチームの力が発揮されています。

師長、主任からスタッフへのメッセージ

認知症でせん妄のある患者さんにも根気よく対応し、症状の改善を促すため昼夜問わず看護する姿には感謝しています。
また、多職種間の調整も積極的に行い、チーム医療の中心として活躍するスタッフはとても頼もしい存在です。

スタッフから師長へのメッセージ

いつも親身になって相談にのってくださり、ありがとうございます。また、勤務表をどの病棟よりも早く発表してくれてうれしいです。

スタッフから薬剤師へのメッセージ

薬剤のことだけではなく、褥瘡、NST、ICT、そして看護研究に至るまで豊富な知識と経験で看護師の活動をサポートしてくれます。4階病棟にとってなくてはならない存在です。

外来

部署紹介

内科・小児科・外科・耳鼻咽喉科・放射線科・整形外科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・眼科の10診療科と外来化学療法室・中央処置室があります。日中の診療に加え、火曜日の17時からぜんそく外来・小児科夕方診療を実施しています。

仕事内容

診療の介助・処置・検査の説明や介助・採血・点滴・予防接種・外来化学療法の実施等、幅広い業務を行っています。患者さんの待ち時間を最小限にするためにスタッフ間で声を掛けあい、連携を大切にしています。

部署自慢

慣れ親しんだ在宅での療養が続けられるよう、在宅で過ごすために必要な看護サービスの提供に努めていることが自慢の外来です。患者さんが安心して受診していただけるよう挨拶と笑顔を大切に、そしてわかりやすい説明をモットーに頑張っています。外来は、病院の顔といえる部署ですので各外来や他部門と連携しあい協力することで切れ目のないサポートをさせていただきます。

師長、主任からスタッフへのメッセージ

スタッフは様々な診療科を対応できるように、各診療科で研修を行っています。毎週ショートカンファレンスを行い、毎月のカンファレンスでは学習会を開催しています。日々の学びが自信につながり、質の高い看護が提供できています。また、師長不在時にも安心して管理業務をスタッフに任せられることに感謝します。

スタッフから師長へのメッセージ

医師やスタッフからも信頼され、いつもスタッフのことを気にかけていただいています。なんでも相談しやすく、常に笑顔で対応してくれます。患者さんからも信頼され、自慢の師長さんです。

スタッフから患者さんへのメッセージ

入院期間の短縮により、外来・在宅での医療処置や継続看護を要する患者さんが増加傾向にあります。また、高齢での一人暮らし、認知症を抱え不安に思っている患者さんやご家族もみえると思います。私たちは患者さんがいつでも安心して診察を受けることができるように、アットホームな環境でサポートしていきたいと考えています。些細なことでもお困りの時は気軽に声をかけてください。

中央手術部:外科、整形外科、耳鼻咽喉科

部署紹介

外科、耳鼻咽喉科の手術を行っています。外科は、鼠径ヘルニアや胆石症の手術を腹腔鏡手術にて行っており、他に胃・大腸といった消化器疾患の手術が中心となっています。耳鼻咽喉科は、副鼻腔や扁桃腺の手術を主に行っています。

仕事内容

患者さんに安心して手術を受けていただくために、担当の外回り看護師が術前訪問にうかがいます。手術に対する患者さんの不安や要望を聞き、不安の軽減や安全・安楽な手術の進行に努めています。また、術後訪問も行っており継続的な看護をめざしています。「器械出し」は、解剖や術式の理解と手順を把握し、手術器械や材料を正確に術者に渡します。手術の進行を妨げることなく円滑に行えるよう実践しています。
「外回り」は、術前・術後訪問に加え手術中は、患者さんの状態把握に努め、全身状態の観察や手術担当医師や麻酔科医、器械出し看護師などと連携しながら手術環境を整えます。

部署自慢

看護師経験豊富なベテラン看護師が揃っています。手術のことは、手術室エキスパートナースである主任がしっかり指導してくれます。
また、手術室ではフィッシュ哲学を導入しており、明るく助け合いながら働きやすい職場づくりに努めています。

師長、主任からスタッフへのメッセージ

慣れないことや時に壁にぶつかることがあっても前向きに頑張る姿勢にエールを送ります。明るく笑顔で「患者さん第一」に考え、ともに最善を尽くしていきましょう。

スタッフから師長へのメッセージ

新しい先生方もみえて、いろいろなことにチャレンジする機会が増えると思います。師長さんを中心に、頑張っていきたいと思います。

師長からME(臨床工学技士)さんへのメッセージ

麻酔器や生体情報モニターをはじめ手術機器の点検業務に加え、手術の器械出しも担当してもらっています。女性ばかりの職場ですが、うまく溶け込んでいます。活躍を期待しています。

総合健診センター

部署紹介

職員の皆さま、そのご家族さまの健康診断・人間ドックをはじめとし、地域住民の皆さまの特定健康診断・名古屋市検診・一般健康診断、健康保険組合の協会けんぽ健診などを行っています。
また、愛知県内・岐阜県内のNTTビルでの巡回定期健康診断も担当しております。

仕事内容

定期健康診断や人間ドックを受健される方が、安全に安心して検査が受けられるように検査の説明・実施、精密検査への速やかな導入を行い、健康の保持、増進に向けての動機づけ援助を行っています。
また、病院職員の健康管理としてB型肝炎ワクチンの接種、針刺し事故の対応・経過管理なども行っています。

部署自慢

とにかくアットホーム。訪れる受健者さんから「また来たよ!1年早いね!元気だった?」と気さくにお声がけくださり、健診会場がまるで同窓会!?のような和気あいあいとした温かい雰囲気の職場です。看護師・看護補助・健診センタ事務・医事課事務といろいろな職種のスタッフが知恵と力をあわせて「健康診断を断面的ではなく、長い人生の中の年1回の経過観察」として捉え継続的に健康の保持・増進に取り組んでいます。

師長からスタッフへのメッセージ

臨床から予防医学の世界へ勤務異動してきた私を、「影となり日向となってサポートしてくれる」「一言いえば十悟ってくれる」スタッフは、まるでエスパー!?そんな頼もしいメンバーに支えられているからこそ頑張れる私がいます。いつも感謝しています、ありがとう。

スタッフから師長へのメッセージ

看護知識だけでなく、いろんな知識・経験を生かした豊かなコミュニケーション能力で日々多くの受健者やスタッフに対応している師長さん。学ぶことが多く尊敬しています。
これからも受健者か求めるニーズに合った健診をめざし対応できるよう私たちを導いて下さい。

健診事務から医事課ソラストさんへのメッセージ

会社や職種は違いますが、同じ事務所で机を並べ、電話対応や受付対応などお互いにカバーし合っています。保険のことや会計のことはすべてお任せできる頼れる存在です。

PAGE
TOP