大須病院 看護部

  • 背景色

HOME > 看護部トップ > 教育制度 > 教育プログラム

教育プログラム

H28年度クリニカルラダー運用フローチャート

レベル認定基準・・・評価表すべての項目が3点以上

自己評価11月18日(金)までに実施する。

評価表の到達目標、評価項目、看護実践能力習熟段階表を参考に、すべての項目が3点以上に該当すると思われるレベルの評価表を用い自己評価する。

選択したレベルで2点または1点が1つでもあれば、1つ下のレベルで自己評価を行い、すべて3点以上であれば、自己評価したレベルの評価表を押印またはサインし、一次評価者に提出する。

一次評価12月16日(金)までに実施する。

評価者 ・・・ 《レベルⅠ・Ⅱ 主任》 《レベルⅢ・Ⅳ 師長》

一次評価者は事前に、別紙「面談記録」の「面談事前準備」に記入し、準備を整える。
一次評価者は提出された評価表を用い、自己評価と同様の手順で他者評価を行い、押印またはサインし、評価表を二次評価者に提出する。

二次評価1月13日(金)までに実施する。

評価者 ・・・ 《レベルⅠ・Ⅱ 師長》 《レベルⅢ・Ⅳ 教育責任者(副看護部長)》

二次評価者は、必要に応じレベルの修正を行う。
レベルの修正を行った場合は、修正理由を一次評価者にフィードバックし、意識合わせを行う。
評価表に押印またはサインし、一次評価者に差し戻す。

評価結果の通知《一次評価者》2月24日(金)までに実施する。

一次評価者は、ラダーレベルの評価結果をスタッフに面談で通知する。
一次評価者は、別紙「面談記録」に面談の記録する。
評価結果に対してスタッフの合意が得られたら決定とする。
合意が得られない場合は、当日または後日、二次評価者を交え3者面談を行う。
最終的に合意が得られたら、評価表をすべて2部ずつコピー、1部は本人へ返却し、CL個人ファイルに綴るように伝える。面談記録もコピーし、面談記録のコピーと評価表のコピーを、部署管理者用ファイルに保存する

評価表の提出 《師長》3月3日(金)までに実施する。

評価が決定したら、師長が教育責任者へ評価表・面談記録の原本、CL個人ファイルを提出する。

レベル認定 《看護部長》4月7日(金)までに実施する。

看護部長は、面談記録を確認するとともに評価表に押印またはサインし承認する。
面談記録・評価表の原本は看護部に保存する

レベル認定証の授与 《師長》第1回師長勉強会。

看護部長が承認後、認定証を発行し各師長へ配布し、CL個人ファイルを返却する。
師長は、スタッフに順次レベル認定証を授与する。

教育活動(委員会)

一年間の教育活動のまとめとして、毎年、継続教育報告会を開催しています。
看護師ひとりひとりが、所属している委員会での活動の成果を共有し、学びの場としています。

平成28年度継続教育報告会

PAGE
TOP