大須病院

  • 背景色

HOME > 診療科 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科外来担当医表

概要

耳鼻咽喉科では、耳・鼻・咽喉(のど)の病気を診療しています。耳・鼻・のどは、聴覚、嗅覚、味覚などの感覚や、呼吸、発声、食事など、生きていくのに必要な基本的機能をつかさどっています。
従って、耳鼻咽喉科の疾患は (生活の質)に大きく関係します。お子様の中耳炎、花粉症、へんとう炎など、一般的によく知られている病気のほか、めまい、顔面神経麻痺、睡眠時無呼吸症候群、首から上の腫瘍(できもの)など、さまざまな疾患を取り扱っています。

診療について

名古屋市立大学病院などから派遣された非常勤医3名で診療を行っています。病気の重症度に応じ、専門施設への紹介も行っています。すべての患者さまに満足していただけるように、丁寧な診療を心がけています。

対象疾患

耳疾患

耳介の病変、外耳炎、中耳炎、難聴、耳鳴りなどの診断・治療を行っています。難聴や耳鳴りに対し、オージオメータを用いた聴力検査、聴性脳幹反応検査、耳管機能検査、画像検査等による精密検査、補聴器の相談などを行っています。

鼻疾患

花粉症を含むアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、嗅覚障害等の診断・治療を行っています。

咽喉頭疾患

のどの病変、味覚障害、嚥下障害などの診断・治療を行っています。 NBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)システムを使ったCCDカメラで咽頭や喉頭の観察を行っています。

味覚障害に対しては、貧血の有無や亜鉛値などを計測して原因を調べ、治療を行っています。

頚部疾患

甲状腺、唾液腺、リンパ節などの病気に対して、超音波診断装置・コンピュータ断層撮影(ComputedTomography、CT)・核磁気共鳴画像法(Magnetic resonance imaging、MRI)などの画像検査や病理学的検査を用いた診断・治療を行っています。

めまい

めまいの症状や原因は人それぞれ違いますが、内耳の病変が原因で起きるめまいも少なくありません。平衡機能検査、ビデオ式眼振計測装置 (VOG)検査、重心動揺計検査、画像検査などを行い、平衡機能障害の状態やめまいの原因を調べ、薬物療法、理学療法等の治療を行っています。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は、顔が動かしにくくなる病気です。
怪我や中耳炎に伴い起きることもありますが、原因がわからず突然発症する場合もあります。脳の病気がないか調べたうえで、筋電図検査(Electroneuronography ENoG)により予後診断を行い、治療を行っています。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome,SAS)

いつもいびきが大きい、睡眠中に呼吸が止まる、夜間に何度も目が覚める、睡眠時間が充分なのに昼間の眠気が異常に強い、などの症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
簡易型モニターによるスクリーニング検査の他、終夜睡眠ポリグラフ検査 (Polysomnography、PSG)による精密検査も行っています。

異常が判明した方には、薬物療法、経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous Positive Airway Pressure、 CPAP)などの治療や、背枕治療、マウスピース治療のご紹介を行っています。

PAGE
TOP