大須病院の総合健診センターページ|大須の総合病院

〒460-0017
愛知県名古屋市中区松原二丁目17番5号

急性期病棟概要 ACUTE-PHASE

急性期病棟とは

大須病院は、医師・薬剤師・看護師・セラピスト・栄養士・介護士・社会福祉士など、多職種協働のチーム活動で(入退院支援カンファレンス、栄養カンファレンス、リハビリカンファレンス、認知症ラウンド、嚥下ラウンド、褥瘡ラウンド)患者さんをサポートします。医療を通して地域の皆さんに安心を届けられるような急性期病院を目指し、患者さんの毎日に寄り添った病院を目指します。

入院の流れ

  • 1入院

    患者さんとご家族に入院や治療に関するご説明を行った上で入院手続きを行っていきます。

  • 2手術・治療・リハビリ

    状態に応じた処置(手術、治療)を行っていきます。
    場合によっては平行してリハビリテーションを行うなど、患者さんの状態に応じて治療計画を立案していきます。

退院

回復期リハビリ
テーション
病棟へ移動

転院・
施設入所

患者さんの状態に応じて、入院後の流れをご説明していきます。
ご希望や状態を考慮した上で決定できればと思いますので、不安なことや気になることがあれば当院までご相談ください。

急性期病棟の特徴

  • 内科・外科・整形外科の混合病棟で、二次救急に対応をする病棟です。
  • 入院して検査や治療、手術が必要となる中等症の救急医療を提供します。
  • 在宅療養中の患者さん、緊急時に入院治療にて対応します。

一人ひとりに合った栄養管理

当院では患者さんとコミュニケーションを図りながら状態に応じた食事提供を行っています。医師・看護師・管理栄養士・リハビリなど多職種で食形態や食事内容を検討し、口から食べられるアプローチ方法などを考えた上で、適切な栄養管理を行っています。

まずはできることから
リハビリテーションの実施

リハビリスタッフと看護師で共同し、毎日全身状態の管理を行っていきます。状態を把握した上で、歩けるときは車いすを使わず目的地(トイレなど)まで向かうなど、手術後、寝たきりにならないよう少しずつできることからリハビリテーションを開始し、肺炎や筋力低下を予防していきます。

退院後を考えた
リハビリテーションサポート

当院では退院時に必要となる介護保険や身体障害者福祉サービスなどの相談・申請手続き等の準備のサポートも行っています。患者さんやご家族と一緒に考え、入院後も適切な形で治療を受けていただけるようしっかりサポートしていきます。

その他病棟紹介

手術室

外科、整形外科の手術を行っています。外科は、鼠径ヘルニアや胆石症、慢性虫垂炎の手術を腹腔鏡手術にて行っています。他に胃・大腸といった消化器疾患の手術が中心となっています。整形外科は、膝・股関節の人工関節置換術、観血的骨折手術、バネ指や神経移行術などの手の外と幅広く行っております。中でも人工膝関節手術では、ナビシステムを導入しており精度の高い手術を行っています。