整形外科 ORTHOPEDICS

整形外科のご案内

当院の整形外科の診療対象は運動器疾患全般となりますが、スポーツや事故による外傷からご高齢の方の変性疾患(変形性関節症・骨粗しょう症など)まで、多岐にわたる病態が対象となります。主に変形性関節症(膝・股関節)に対しての人工関節置換術また関節鏡を用いた再建術(手関節ではTFCC損傷・ガングリオン切除・骨折整復。膝関節では、前十字靭帯再建・半月板縫合や形成術。肩関節では腱板縫合・脱臼に対する形成術)を中心に行っています。これだけではなく、さまざまな外傷にも対応していきます。

以下のような症状がある方は
ご相談ください

  • 膝が痛い
  • 肩が挙がらない
  • 肩や首がこる
  • 肘が痛い
  • 腰が痛い
  • 手首が痛い

主な対応疾患

外傷一般

すり傷、捻挫、骨折、痣など

手・手関節周囲損傷

ばね指(腱鞘炎)・ヘバーデン・ブシャール結節・手根管症候群・母指CM関節症・ガングリオン・TFCC損傷・デクエルバン病・月状骨無腐性壊死など

その他

膝靭帯損傷(前十字靭帯・内外側側副靭帯)・膝半月板損傷・膝蓋骨脱臼肩腱板断裂・反復性肩関節脱臼・変形性関節症(膝・股関節)

整形外科担当医師のご紹介

診療について

外傷一般、手・手関節周囲損傷、膝靭帯損傷(前十字靭帯・内外側側副靭帯)・膝半月板損傷・膝蓋骨脱臼肩腱板断裂・反復性肩関節脱臼・変形性関節症(膝・股関節)を主な対応疾患としています。集中治療が必要な最重症例では、集中治療部を擁する施設へ紹介させていただく場合もございます。手術症例のうち、合併症のため特に術後管理が必要な場合に、他院へご紹介させていただく場合もございます。

赤外線式人工膝関節手術支援ロボット
「NAVIO」を導入

変形性膝関節症、関節リウマチ、骨壊死、スポーツや外傷による後遺症などに対する人工関節置換術で使用を想定。主に変形性関節症(膝・股関節)に対して人工関節置換術また関節鏡を用いた再建術(手関節ではTFCC損傷・ガングリオン切除・骨折整復)膝関節では、前十字靭帯再建・半月板縫合や形成術。肩関節では腱板縫合・脱臼に対する形成術)を中心に行っています。これだけでなくさまざまな外傷にも対応していきます。

入院診療

一般病棟、回復期リハビリテーション病棟を活用し、病態に応じた病棟へご入院いただいています。

術後は入院リハビリテーションを
しっかり実施していきます

  • 上肢手術の場合、入院は3日間程度です(※入院期間は前後する場合があります)
  • 膝靭帯損傷では、リハビリを行うため3週間程度の入院になります
  • 変形性関節症に対する人工関節置換術では、方法により2~3週間程度の入院となります
  • 肩関節疾患では2週間程度の入院となります

医師紹介

整形外科医師

外来担当医表

整形外科
午前 市瀬 ・ 一般整形
(第1・3・5週)
市瀬
・ 手外科外来
(第2・4週)
市瀬
・ 肩・膝関節
(第2・4週)
藤井/坂口/水野
・ 一般整形(第1・3週)
佐野
・脊椎
永井/武田
(第2・4週)
市瀬 乾(第1週)
武冨(第2週)
山神(第3週)
川口(第4週)
午後
夕診 市瀬

診療時間

【月~金】

受付時間 診療時間
整形外科 8:30~11:30 9:00~12:00